Skip to content

地球上の陸地ではない部分の海

海とは、地球上の陸地ではない部分で塩分が含まれている水、つまり塩水が満ちている所を指します。

地球の海は、濃度が約3パーセントほどの塩などが溶けた水で出来ています。

ですので、そのまま飲む事は出来ず飲料水としては最適ではありません。

地球上の陸地ではない部分の海

また、地球の地表の約7割が海で占められており、残りの3割が陸地とされています。

地球の地表の約7割をも占めているこの海は全てが一つに繋がっています。

その事からもお分かりの通り、海はとても広くて大きな存在なのです。

全ての海は互いに繋がっていますが海水の性質は全てが同一ではなく、それぞれの海域で海水の性質は異なっています。

海水の性質以外にも世界にはそれぞれの地域によって海の特色は異っており、透明度の高い自然豊かなままの海も存在している反面、環境汚染の影響などで本来の海の姿とは全く異なり見る影もなくなってしまったという海も地球上には多数存在しているのが現状です。

ですので、近年では海に影響を及ぼす恐れのある、環境汚染問題などが大きく取り上げられ、残された自然豊かな海を守る活動などが様々な地域で行われています。

日本では沖縄の海が最も美しい海とされておりますが、その沖縄の海でも環境汚染などの影響をうけてサンゴが絶滅の危機に陥っているとされており、サンゴを守る活動などが行われています。

自然とは人間よりも古い歴史を持っており、長い年月を掛けてゆっくりと築かれてきたものです。

それは人間の手では、決して作る事は出来ません。

人間の手で作る事のできない自然を、人間は人間の手で平気で壊してしまっているのです。

残念な世の中ですね。話しがかなり逸れてしまいましたが、海は地球上の自然の代表といっても過言ではありません。

その地球上の大切な自然の海を、本来の自然のままの海の形で未来へと繋いで保ち続けていく事が出来ればいいですね。

海は地球上だけではなく、かつては月や火星にも存在されていると地球からの観測によって伝えられていました。

ですが現在では、月に存在していたと考えられていた海の部分は、アルべドの低い地形であった可能性が高いという見方がされています。

それでも、月の海とされ名づけられた海の名称は未だに残ったままとされています。

火星に至っては、初期の地質時代に海が存在していた可能性が高いという事が伝えられています。

海が存在しているのは、地球だけではなかったようですね。

ですが、これだけ大きくて広い海が存在しているのは地球だけではないでしょうか。